毎日に余白を
届ける

価値観発見
メディア

tskn feature

#リベラルアーツ

FICC代表・森啓子さん

22 票, 平均: 1.00 / 1 22たしかに

正解のない問いの考え方に悩む人必見!
コツは「好奇心の旅に出ること」

皆さんは、「リベラルアーツ」という学問について聞いたことがありますか?

リベラルアーツは、「人を自由にする学問」と呼ばれており、自分で考え、自分で問いを生み出す力を身につけることに重点を置いています。

欧米で教育が素晴らしいとされる有名大学の多くが、リベラルアーツの学びを大切にしており、最近の日本の学校教育でも「正解のない問いを考える能力」が必要とされているのです。

だけど、「正解のない問い」を考えるのってすごく難しくないですか......?

何を答えたとしても正解になるの? どんな思考力が必要になってくるの?

たしかに編集部のメンバーも、正解のない中で何をどう考えていけばいいのか分からない状態です。

そこで、実際に「リベラルアーツ」の環境で学んできた大先輩にお話を聞いてみることにしました!

東京に本社を置き、ブランドマーケティングを専門領域とする「株式会社エフアイシーシー (FICC)」の森啓子さんです。

森さんが経営するFICCではリベラルアーツの考えを経営の軸に置いているという、ちょっと変わった取り組みをしているそう。森さんに「正解のない問い」に対する向き合い方を聞いてみました。

森啓子さんプロフィール

神戸女学院中学部・高等学部を経て、米マウント・ホリヨーク大学 BA(文学士)、米マサチューセッツ芸術大学大学院 MFA(美術学修士)課程修了。 米国デザイン・広告会社で勤務後、2005年、株式会社エフアイシーシー入社。グローバルブランドのデジタルマーケティング戦略、プロモーション施策、ブランディング施策を多数担当。2019年、代表取締役に就任。ブランドマーケティングを専門とするFICCの経営戦略のコアに「学際的リベラルアーツ」を掲げ、個人の想いや学びから価値を創造し続けるイノベーティブ組織を目指す。

follow us
Twitter
Facebook
Instagram