毎日に余白を
届ける

価値観発見
メディア

tskn feature

# 自分らしさと向き合う

シーナタウン番頭/デザイナー 金子翔太(つよぽん)

270 票, 平均: 1.00 / 1 270たしかに

ゲストハウス「シーナと一平」の番頭 金子翔太さんが新たな夢に取り組む理由

本当はやってみたいけれど、ずっと心にしまっていることはありませんか?

「やっぱりやりたい」という思いが溢れても、
現実的に考えると、「またいつか」と心にしまいなおす。

そんな風に、一歩踏み出せずにいるという方も多いのではないでしょうか。

今回お話を伺うのは、椎名町にあるゲストハウス「シーナと一平」で番頭を務める金子翔太さん(以下:つよぽんさん)。
「つよぽん」という愛称で、地元の人のみならずたくさんの人に親しまれています。

そんな彼は、過去に抱いていた夢ともう一度向き合い、番頭をしながらデザインの仕事を始めたのだそう。

一度は手放した夢に、改めて向き合うことにしたきっかけは?

つよぽんさんにお話を伺いながら、「やってみたいこと」に踏み出すヒントを探っていきます。

金子翔太さん(つよぽんさん)プロフィール

長崎県の出身。大学進学のため上京。新卒で企業に2年間在籍後、豊島区でコミュニティ関係のイベントの手伝いに参画。2015年10月から半年間は、フィリピンのセブ島で英語学習×仕事のプログラムに参加し、その経験をいかし2016年4月からシーナと一平で、宿泊業務をメインに務めている。
新型コロナウイルスの影響で宿泊業を休止中に、デザイナー/ディレクターとして仕事の幅を広げている途中。

follow us
Twitter
Facebook
Instagram