空き瓶に1輪挿すだけでいい。フロリスト前田研史さんがつくりたい花が身近にある暮らし

45 票, 平均: 1.00 / 1 45たしかに

2020.08.31.Mon.
#たしかに編集部

ここ数ヶ月で家で過ごす時間がずいぶんと増えました。せっかくならこの機会に居心地の良い空間にしようと、自宅を整えた人も多かったのではないでしょうか。 最近では掃除や部屋の模様替えに加え、部屋に花を飾る人も増えているそうです。そこで今回は、ドイツ国家認定フロリストマイスターであり東京でフロリストとして活動する「yohaku」の前田研史(まえだ・けんし)さんに、ドイツ暮らしで感じたことや花を気軽に取り入れる方法をうかがいました。 前田さん紹介

前田研史さん
鹿児島県出身。APU(立命館アジア太平洋大学)卒業後、株式会社日比谷花壇に入社。ショップやウェディングなどを経験し、2012年「ドイツ国家認定フロリストマイスター」を目指すべくドイツへ。マイスター学校を卒業し、国家試験を経てマイスターを取得し、2016年帰国。株式会社パーク・コーポレーション(青山フラワーマーケット)でドイツでの経験を活かし、2020年「yohaku」を立ち上げた。

FOLLOW US
Twitter
Facebook
Instagram