日本茶インストラクター多田雅典さんが語る、毎日5分「お茶の時間」が必要な理由

12 票, 平均: 1.00 / 1 12たしかに

2020.09.25.Fri.
#たしかに編集部

みなさんはどんな時にお茶を飲みますか? ほっこりしたい時や食後にすっきりしたい時、和菓子のお供にもお茶は欠かせない飲みものですよね。

日本のカルチャーとしても昔から親しまれているお茶ですが、淹れ方や茶葉の違いなどにこだわると少しマニアックな世界のような気がします。

お茶の魅力って何なのでしょうか。今回は、明治時代から続く製茶問屋、多田製茶の7代目であり、日本茶インストラクターの多田雅典(ただ・まさのり)さんにお茶の素朴な疑問をぶつけてみました。ぜひお茶を淹れてじっくりご覧ください。

多田雅典さんプロフィール
大阪府出身。大学卒業後、マーケティング会社を経て、2016年に約160年の歴史を持つ大阪の老舗製茶問屋・多田製茶に入社。企業のオリジナル日本茶の開発や、調理師専門学校等での日本茶授業など、従来の日本茶の枠を超えた活動を展開中。日本茶インストラクター・リーダー、日本茶アドバイザー専任講師(日本茶鑑定)、大阪茶業青年団主催 第61回・第62回 審査技術競技大会 優勝。

FOLLOW US
Twitter
Facebook
Instagram