いつか宇宙人を手のひらに。DIYで科学館を作った、羽村さんのモチベーションのありか

13 票, 平均: 1.00 / 1 13たしかに

2020.09.04.Fri.
#たしかに編集部

夢は「死ぬまでに宇宙人を手のひらに乗せること」。未だ誰も成し得ていない地球外生命の発見を目指して取り組みを続ける羽村太雅さん。専門は地球惑星科学/アストロバイオロジー(宇宙生命学)。 研究の傍ら、私たち一般人にも広く科学に親しむ機会と場をと、千葉県柏市を拠点に『柏の葉サイエンスエデュケーションラボ“KSEL(ケーセル)”』という非営利団体を立ち上げ、なんと、科学館を手作りしてしまったとか。 科学の最先端を研究する専門家が直接教授してくれるなんて、かなり貴重な機会では?と考えた#たしかに編集部。 #たしかに の読者は、お子さまがいる方も多い世代(編集部もパパママ率が高いのです!)。子どもの教育に役立つ話が聞けるかもしれないと、下心を隠し持ちさっそくインタビューを開始。羽村さん、よろしくお願いします! 羽村太雅さん 羽村太雅さん 慶應大学理工学部卒、東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程で研究に取り組んだ/柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)会長/前職は国立天文台 広報普及員/江戸川大学・昭和薬科大学 非常勤講師/2015年 東京大学大学院新領域創成科学研究科長賞/2016年・2017年 日本サイエンスコミュニケーション協会年会ベストプレゼン賞(2年連続)2018年 千葉県知事賞(ちば起業家優秀賞)受賞、他 受賞歴・メディア出演・掲載歴 多数

FOLLOW US
Twitter
Facebook
Instagram