専業主婦から一転!ものづくりの世界へ飛び込んだ、飛永かの子さんのクラフトビールづくりと夢への挑戦

125 票, 平均: 1.00 / 1 125たしかに

2021.02.16.Tue.
#たしかに編集部

おこもりが続く中、みなさんはどのように過ごしていますか?周りを見渡すと趣味を見つけたり、オンラインレッスンを始めたり、副業を始めた方もちらほら。新しいことに挑戦する方が増えている気がします。
ところで、先日お話をうかがった『Kanoco BEER & MARCHE』の飛永かの子さん。今ではクラフトビールの職人で、さらには経営者でもありますが、起業する前は専業主婦だったそう。「何かやりたいけど、どうやって始めたらいいんだろう」と悩んでいる方のヒントがあるかもしれないと思い、お話をうかがいました。

飛永かの子さんプロフィール
鹿児島県生まれ。幼い頃は父親の転勤に伴い東京と熊本を行き来し、大学を機に上京。大学卒業後はSEとしてキャリアを積み、結婚後不妊治療に専念するため離職。その後専業主婦期間中に、JSAシニアワインエキスパート、CPAチーズプロフェッショナルの資格を取得。大学でキャリア支援プログラムに参加し、起業。クラフトビールづくり、酒屋経営、イベント運営、ワインセミナーの講師など幅広く活躍。

飛永かの子さん
FOLLOW US
Twitter
Facebook
Instagram