毎日に余白を
届ける

価値観発見
メディア

高橋万太郎さん

tskn feature

# 醤油と多様性

職人醤油 / 高橋万太郎

97 票, 平均: 1.00 / 1 97たしかに

醤油の新しい可能性を蔵元と一緒に見つける高橋さんの「同じ方向を見る」考え方

日本酒やお味噌など、発酵食品が健康やエシカルなどあらゆる面から注目を受けていますよね。価値観発見メディア「#たしかに」と「#たしかに編集部」も、これまで発酵デザイナーである小倉ヒラクさんや、日本酒居酒屋のJOE’SMAN2号の高崎丈さんへ取材をしてきました。

知れば知るほど奥深い発酵食品と向き合う方のお話をもっと聞きたい、と今回は「職人醤油」を運営する伝統デザイン工房の高橋万太郎さんにお話を伺います。

職人醤油は全国各地のお醤油を全て100mlサイズの瓶に詰めて販売する、少し変わったセレクトショップ。なぜこのスタイルを貫いているのか、そもそも高橋さんはなぜお醤油の世界へ?「職人醤油」群馬本店に伺い、高橋さんの思いをお聞きしました。

高橋万太郎さんプロフィール
群馬県生まれ。立命館大学卒業後、精密光学機器の総合メーカーの営業に従事。伝統産業や地域産業の魅力を追求していきたいとの思いから、株式会社伝統デザイン工房を設立し「職人醤油」を運営。今までの訪問した醤油蔵は400以上。

職人醤油本店
follow us
Twitter
Facebook
Instagram